ようやく朝冷え込んできましたね!

ここ2~3日の相模原は朝方冷え込んできましたね!庭のバケツに氷が張ったのを見たのは今シーズン初めてです。
地球温暖化の影響かしらなんて思ってしまいますね。

さて、冷え込んでくると、水道管の凍結で水が出ない!とか、水道管が破裂した!とか連絡を頂くことが多くなります。

特に、水回りは北面の日が当たらない箇所に設置することが多く、古くなって断熱材(保温材)が痛んでしまったりして、今まで丈夫であった水道管もいきなり凍り付いてしまうことも有ります。

使わないで済む水道管であればいいのですが、朝の忙しいタイミングで水が使えないのは、案外不便ですよね。そこで、慌てて熱湯をかけるのはご注意ください。冷え切って凍っているところに熱湯をかけると、水道管が急激に膨張し、破裂するかもしれません。

なので、そんな時は水道管の凍ってしまった個所にタオルなどをかぶせて、少し多めのぬるま湯をゆっくりと掛けてください。その際に水道の蛇口を閉めておくのを忘れずに。急に水が開通して、思わぬ二次災害になることも。

また、そんな暇ねーよ!って凍ったまま放置される方もいらっしゃいますが、その際も蛇口は閉めておいてくださいね。お留守の間に、溶けて開通し、水が出っぱなしになって水道料金が跳ね上がった!なんてこともあります。

もし、定期的に凍ってしまう場合は、電熱線を巻くと夜中に軽く温めてくれるので凍りません。また、保温をシッカリと巻きなおしたり、配管を新しいものに交換したりするのがおススメです。

あまり凍結と解凍を繰り返していると、そのたびに水道管が膨張伸縮を繰り返して、いつか破裂します

早めに対策を練りましょう♪
a0050689_11003176-225x300

凍結してしまって、破裂した水道管。保温もヨレてつぶれてしまっていましたので、新しく巻きなおしました!

関連したページを見る

scroll-to-top